カビュー無料査定はこちら

ローン残債があっても車は売れます!

車を買ったはいいけど、飽きてしまった、事情があって売らなくていけないなど、ローン中に車を売却したいと思う方もいるでしょう。

でもローン中の売却ってどうなるの?と疑問に思うところですが、実は、車検証の所有者欄が自分でなくてもローン中でも売ることができるのです。

もちろん所有者が自分であれば面倒な手続きも必要ありません。

しかし、ローンが残っている場合は車の所有者名義が自分でない(ディーラーやローン会社)になっていますので、中古車を売却する際に所有者解除の代行をしてもらうか、または自分でその手続きをしなくてはなりません。

仮に車の売却を中古車買取店などで行うとすれば、査定金額内であればローン返済を代行してもらえますし、先ほども出てきた所有者解除の手続きなど、面倒なことは代行してもらえます。

お店に頼んでしまえば、何の問題もなく売却することができるというわけです。

ただし、ローンの残債が売却額を上回っている場合には注意が必要です。

例えば、残債が100万円で売却額が80万円の場合、20万円が不足することになります。この場合は、自分で20万円を用意するか、買取店で用意してくれるローンの組み替えを利用することになります。

中古車買取は無料一括査定がおすすめ

ローン中の車でも売れる事がわかって頂ければ次は買取店で査定をして貰いましょう。

複数の業者へ同時に査定依頼できる一括査定は、簡単な入力だけで買取価格の目安がわかります

面倒だと思うかもしれませんが、休日に複数の業者を回る時間とガソリン代を考えると一括査定が便利ですね。

業者同士での競争入札ですから高額査定になりやすく、その中で、納得される価格をつけた販売店での買い取りをしてもらいましょう。

カビュー無料査定はこちら
中古車見積り